ごみ置き場にいつもゴミが…経営者が気をつけたいこと

先日、賃貸物件を自主管理をしているオーナー様からご相談を受けました。
ごみ問題についてです。

戸数が多いこともあり、
いつもゴミステーションにゴミが残っていて
近隣からクレームがあった。
何かいいか策はないか……とのこと。

これは切実な問題です。
アパート・マンション経営の際には、ごみの置き場所がどうなっているかで
入居者の確保に響くといっても過言ではありません。
たくさんのごみが溜まっている状態は、悪いイメージに繋がるためです。

夏場はにおいの原因にもなります。
物件の資産価値減少問題にもなりかねません。

管理人さんは常駐しておらず
清掃も毎日というわけにもいかず
オーナーのご自宅から物件が近ければまだしも、
少し離れていると毎日見に行く訳にもいかず…
というのが現実です。

まず、あたりまえと思っていることから入居者の方に再確認してもらう必要があります。

  1. 場所(決められた集積所に出す)
  2. 日時(分別して定められた曜日・時間に出す)
  3. 分別方法(入居者にゴミの出し方を記載したしおりなどを配布)

意識付けを再度行なう注意が必要でしょう。
以前このブログでご紹介したアプリ「さんあ~る」のご活用もぜひ!

また、ごみの回収方法もいろいろあります。

  • 業者収集(分別不要、回収はしてくれるがコストがかかる)
  • 高松市の収集(分別必要だが無料)

市の収集をベースに、週に一度だけ業者収集の回収を依頼するだけでも
ごみ置き場にゴミが残る問題が改善した事例もあります。

やはり大切な物件には目をかけ、手をかけることは必要です。
こうした物件経営のご相談にも対応致します。
マイホーム・ラボへお気軽にお問い合わせくださいね。

琥珀・・・たそがれてる