徐々に上がっている?売買物件と路線価

相続税や贈与税の算定基準となる土地の評価の価格を路線価といいます。
全国一位は30年連続で東京・銀座五丁目の文具店『鳩居堂』前の銀座中央通りです。

路線価は1㎡(1000ミリ×1000ミリ)の広さで表されていますが
はがき1枚分(100ミリ×148ミリ)の土地の金額がなんと60万円だそうです。。。

鳩居堂前は2017年の路線価は、過去最高で4032万円/㎡
過去2番目に高かったのはバブル期の1992年の路線価は3650万円/㎡
バブル期よりも去年のほうが価格が上昇していたよう

バブル再来とも言われ、
東京の夜の街では高価なボトルが下ろされたり
1億円を超えるいわゆる「億ション」急増で成約しているとか。。。

なかなか地方ではそんな実感はありませんが
日曜日のニュース番組から、そんな景気のいいニュースが耳に入ってきました。

私たちも、お客様から査定依頼があると、路線価などを基に物件を査定します。
先日も、購入時の金利が8%もした物件だったと当時のことを懐かしみながらの
売却についてのご相談がありました。

高松の路線価は東京のようにはいかず、下がる一方ではありますが、
お客様に客観的な数字を使い査定価格を納得していただけるよう、
分かりやすくご説明できるようにと務めています。

色々な思い入れのあるお客様の大切な資産です。
売買、賃貸のことはマイホーム・ラボにお任せください。
各情報サイトや他社サイトでも気になる物件がありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね!

「おい女中!わらわは空腹だぞよ!」と柵ごしに呼びにくる琥珀嬢