賃貸でも安心!壁を傷つけずお部屋を飾る便利グッズ3選

新しいお部屋に引っ越して少し経つと、インテリアなんかにも凝りたくなるのが人の常。

ポスターやお気に入りの写真、コルクボード、壁掛け時計、カレンダー…
元手をかけずにイメージチェンジするとなると、このあたりがポピュラーですよね。

でも、不安・・・賃貸物件だと、退去時に「原状回復費用」という退去費用が発生しませんか?という声をよく聞きます。

原状回復費用とは
通常の生活の範囲を大きく超えて借主がお部屋を傷つけてしまったときに発生するものです。
つまり、生活するためにできた安全ピンの穴程度なら心配する必要はありません!
でもどうせ住むおうちならキレイに使っていきたいですよね。

そこで、より壁を傷つけずに済む、安全ピン代わりになる
すぐれものの便利グッズをご紹介します。

プラスターブラケット

石膏ボードやウスベニヤの壁には、ふつうネジは刺せません。
しかしこちらのグッズを使えば、専用の付属ピンで棚受を取り付けることができます。
ホームセンターなどで棚板さえ仕入れてしまえば、
受けタイプ・吊りタイプ問わず、おしゃれな棚が作れちゃうんです。

15kgまで対応しているようなので、
お気に入りの本数冊やDVDを並べてディスプレイしたり
小さな観葉植物を置くスペースにする…なんてこともできますね!

専用の取り付け工具も入っているので別で購入する必要もなく
家具を新しく買うより安上がりで、捨てるときのゴミもとっても少なく済みます。

ニンジャピン

安全ピンや画鋲だと、抜いたときに穴がぽっかり…
小さいとはいっても、やっぱり見れば目立ってしまいます。

こちらのピンは通常の針とは違って先がL型になっており、
抜いても跡が目立ちませんし強度も高いです。
カラーバリエーションも5種類あって、選ぶのに迷っちゃいそうです。

せっかくのおしゃれな持ち手が隠れてしまいますが
強度を考えて、壁掛け時計なんかによさそう。
夜中に「ガシャン!」と時計が落ちるの、なかなかびっくりしますから…(笑)

壁美人

こちら、テレビや雑誌でも話題になっていました。
ホッチキスで石膏ボードの壁に収納を!という革命的なグッズです。

ひとつめの「プラスターブラケット」のような棚も作れますし
47インチまでのテレビまで掛けられちゃいます!

さまざまなパーツも売られており、ミラーと棚をつければ即席ドレッサーに。
玄関にミラーをつければ姿見を置くより省スペース。
キッチンに収納ボックスをつければ食器棚の増設までできてしまいます。

特に集合住宅では、収納の少なさに悩まれる方も多いですが
手持ちのホッチキスさえあれば!という手軽さもいいですね。

いかがでしょうか?
便利な世の中になったものですねー…
これらが昔からあったら、我が家の壁も、安全ピンの穴だらけにはならずに済んだのですけど…。

「この程度なら大丈夫かな?」「これは撤去費用の範囲内?」など
聞きにくいこともきっちり真摯にお答えします。
高松市の賃貸・売買情報は、ぜひマイホーム・ラボにお問い合わせくださいね。