新年のご挨拶と引っ越しにまつわる意外な落とし穴のお話

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

…といっても、もう1月も半ば……
センター試験の話題をニュースで目にする時期になりました。
全国の受験生の皆さん、お疲れさまです!
我が家にも高校受験まっただなかの次女がいますが、
本気で勉強できるタイミングや機会って意外と少ないものです
(これが本当に分かるのが得てしていい年になってからというのが歯がゆいですね…)。
迫りくる受験日のプレッシャーに負けず、全力で完走していただきたいものです。
がんばれ、受験生!それからうちの子!

さて、少し先のお話になりますが……
このあと控えているのは引っ越しシーズンですね。
実は昨年末、長女がギリギリ滑りこみの引っ越しを済ませてきたところなんです。
急に決まったので本当にバタバタしまして、いろいろな機関の年始休みを経て、
手続きに駆けずり回っている最中です。

お引っ越しにともなう手続きに住所変更がありますよね。
その住所変更について、このたびの転居で注意されてしまったことがあるそうで……
うわぁ盲点だった!と思ったんです、そのとき。

すっかり見落としていました。

 

引越しに伴う手続きはたくさんあります

(1)役所関係の手続き
・転出届と転入届(現在と異なる自治体へ引越すとき)
・転居届(同じ市区町村内で引越すとき)
・国民健康保険の住所変更
・印鑑登録の住所変更
・国民年金の住所変更など

(2)ライフライン・ネット関係の手続き
・電気、ガス、水道の解約と開始
・インターネットの引越し移転
・携帯電話の住所変更など

(3)自動車・バイクの手続き
・運転免許の住所変更
・車庫証明の住所変更
・駐車場の解約と契約
・自動車の登録住所変更など

と、これらは皆さんされていると思います。

では、銀行に届け出てある住所、変更していますか?
娘はしていなかったようです…。

(4)その他の手続き『必要』です!!
・火災保険の住所変更
・クレジットカードの住所変更
・銀行口座の住所変更

 

全国にある銀行なのでまったく気にせず使い続け、
引っ越しとは関係ない手続きをしにいった際、
「住所はずーっと香川県なのに関西で何年も使われた履歴がある」と言われたそうです。
オレオレ詐欺なんかが流行ったこともあり、
架空口座の防止などいろいろと敏感になっているよう。

実際、新しい口座を作るのも用途が証明できるものが必要な
銀行もあったりと、色々と煩雑になっているみたいです。

住所変更しないからといって、
すぐにキャッシュカードが使えなくなったり、
口座が凍結されてしまうことはありません。
では、どんなデメリットがあるのでしょうか?

・転送不要郵便で届く銀行からの重要な通知が手元にこない
・もし宛先不明で返送されると、出金にまつわるサービスが
一部停止されてしまう可能性がある
・ATMで取り扱えない金額を急いで引き出さなければならない場合など、
住所確認の前に住所変更を挟まねばならず
余計な手間と時間がかかってしまう

手続きの内容により窓口のほか、郵送や電話、インターネットでもできることもあるようです。

口座のなかのお金は有事に備える意味もあると思うので、
その有事につつがなく対応できるよう、
皆さんもお引っ越しの際はぜひ口座も住所変更しておいてくださいね。
娘もその他の手続きを終えたようです。