賃貸のこと」カテゴリーアーカイブ

弊社初のDIY賃貸物件の試みです!

先日は娘の卒業式。
スタッフが生花のコサージュを作ってくれました。
気持ちがこもった、本当に嬉しいサプライズでした。

 

 

 

 

 

当日はハイカラな答辞に驚きつつ、やはり涙・・・
子供達の成長に親として節目の感動のいい式典でした。

さて、本日はDIY賃貸の紹介です。
先日のブログにも書いたように高松ではまだ事例が少なく、
これからそんな案件が増えていくのではと思っています。

3月8日付けの全国賃貸住宅新聞
大阪市では2月DIY賃貸住宅『団地カスタマイズ』の申し込み件数が
100件を突破したという記事が掲載されていていました。
DIYは壁や天井の塗装、クロスや床のクッションシート張替えなど多岐にわたりますが
退去時の原状回復費用がかからないのが大きな特徴です。

 

 

 

 

 

私がこの業界に入った時代では考えられない発想です。
空き家も増え、賃貸物件が供給過多の時代だからこそ
楽しめるのが『DIY賃貸』ですね。

今回、オーナー様も「楽しい取り組みだと思う」と、のりのり!!です。

弊社にとっては、初の取り組みです。
これから退去時にもトラブルがないような仕組みづくりにとりかかります。
こんな壁紙にしたいな・・・や
こんなキッチンを使いたいな・・・などのリフォーム等についても
ご相談に乗ります。

住まいの事ならどんな小さなことでもマイホーム・ラボにお任せください。
各情報サイトや他社サイトでも気になる物件がありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね!

賃貸物件オーナーとしてリフォームするべき理由とは?

もう3月ですね。
きのう春一番の強風が吹いたかと思えば、今日は春のようなぽかぽか陽気。
そんな中、車で税務署近くを通行していると長蛇の列。
確定申告の時期ですね。

弊社もこの時期は、管理物件のオーナー様へ申告に必要な収支表などの書類を作成します。

そんな時、自主管理をしているオーナー様のご紹介をいただきました。
お悩みは、空室がなかなか埋まらない。。。と。
タイムリーなことに、改めて入居率や収支を見て賃貸経営について考えました。

賃貸経営がうまくいってない物件は、
原状回復ができていないことが意外と多いのです。
お部屋の状態を聞いてみると、一つ空室が埋まったら直すからと
復旧工事をされていないようです。

建物は年々古くなっていくので、復旧工事は必ず必要です!
賃貸物件が飽和状態の昨今、
お客様がそんな状態のお部屋を見て入居したいと思うはずはありません。

リフォームの目的は下記の2点です。

  • 物件の価値を維持
  • 物件の価値の向上

経年劣化した物件を元に戻す=復旧させるのは最低限必要な工事です。
後回しにしても、成約率の向上にはなりません。

『年数のわりに小綺麗ですね』と言われる物件は
そんな復旧工事がきちんとできているのです。
お肌と一緒!日々のお手入れが大切です(笑)

オーナー様が手をかけ、目をかけている物件は
お部屋に入っただけで分かります。感じます。

経営をする以上、費用を抑えることは大切ですが
最低限しないといけない工事は、
物件価値を維持するためにも必要な費用ですとお伝えし
明日、アパートのリフォームについて現地で
打ち合わせをする予定となりました。

売買、賃貸のことなら、こうしたご相談ももちろん
マイホーム・ラボにお任せください。
各情報サイトや他社サイトでも気になる物件がありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね!

安産型(※オス)

原状復帰不要!自由にDIYできる賃貸物件!

オリンピックも今日が閉会式。
スポーツ観戦はあまり興味がない私でも
オリンピックは気になります。

フィギアスケートの羽生君
スピードスケートの小平奈緒ちゃん。。。
みんなかわいい、素晴らしかったです。

わが子を応援するような気持ちで見ていましたが
みんな声もはきはきして、受け答えもしっかりでき
堂々としていて、見ていて清々しく、気持ちが良かった17日間でした。
選手の皆様お疲れ様でした。

それでは本題・・・
本日、一戸建てを所有のオーナー様からご相談がありました。
古い一戸建てを何とかできないかと。

  • 売却はまだしたくない
  • 解体するには解体費、賃貸するにはリフォーム代……さてどうしよう?

内容としてはおおむね上記です。
できるだけ費用をおさえて物件を有効に運用したい、というのは
資産として物件をお持ちの方共通の悩みですよね。

上記のとおり、解体でもリフォームでも費用はかかりますが
解体してしまうと、固定資産税の特例がなくなるので
固定資産税が高くなってしまいます。

そこでご提案したのは、壁に穴をあけてもOKの『DIY賃貸』
入居者がリフォームをする、新しい賃貸です。

正直、私もまだDIY賃貸に取り組んだことはなく、話を聞いて気になっていたことの一つです。

通常の賃貸ですと壁に穴一つ開けるのも考えてしまいますが
以前のブログ「賃貸でも安心!壁を傷つけずお部屋を飾る便利グッズ3選」も参考にどうぞ)
このDIY賃貸なら、気兼ねなく自分好みにカスタマイズできるのです!

不動産情報サイト「SUUMO」でも検索条件に「DIY可」という項目がありますが
高松市一戸建ては0件・・・まだまだ知名度は低いようです。

でも、自分好みの部屋を作ってみたいというニーズは年々高まっています。
愛着がわき、長く入居してくれる可能性が大きくなるという
貸主にとってのメリットもありますよね。

国土交通省からもガイドブックが掲載されているように
これから空き家対策の一環としても広がっていくのではないでしょうか??

そんな提案をさせていただき、オーナー様は前向きに検討なさるということでした。
そのために、私たちは、現状回復の範囲やDIYの範囲などを明確にし
トラブルにならないように、仕組みを作っていかなければなりません。

情報サイトで、DIY賃貸物件が広告できる日も近いのでは。。。

長年続くオリンピックも多くの種目が増えているように
私たちも新しいかたちの住まいを提示できるよう尽力します。
売買、賃貸のことはマイホーム・ラボにお任せください。
各情報サイトや他社サイトでも気になる物件がありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね!

ごみ置き場にいつもゴミが…経営者が気をつけたいこと

先日、賃貸物件を自主管理をしているオーナー様からご相談を受けました。
ごみ問題についてです。

戸数が多いこともあり、
いつもゴミステーションにゴミが残っていて
近隣からクレームがあった。
何かいいか策はないか……とのこと。

これは切実な問題です。
アパート・マンション経営の際には、ごみの置き場所がどうなっているかで
入居者の確保に響くといっても過言ではありません。
たくさんのごみが溜まっている状態は、悪いイメージに繋がるためです。

夏場はにおいの原因にもなります。
物件の資産価値減少問題にもなりかねません。

管理人さんは常駐しておらず
清掃も毎日というわけにもいかず
オーナーのご自宅から物件が近ければまだしも、
少し離れていると毎日見に行く訳にもいかず…
というのが現実です。

まず、あたりまえと思っていることから入居者の方に再確認してもらう必要があります。

  1. 場所(決められた集積所に出す)
  2. 日時(分別して定められた曜日・時間に出す)
  3. 分別方法(入居者にゴミの出し方を記載したしおりなどを配布)

意識付けを再度行なう注意が必要でしょう。
以前このブログでご紹介したアプリ「さんあ~る」のご活用もぜひ!

また、ごみの回収方法もいろいろあります。

  • 業者収集(分別不要、回収はしてくれるがコストがかかる)
  • 高松市の収集(分別必要だが無料)

市の収集をベースに、週に一度だけ業者収集の回収を依頼するだけでも
ごみ置き場にゴミが残る問題が改善した事例もあります。

やはり大切な物件には目をかけ、手をかけることは必要です。
こうした物件経営のご相談にも対応致します。
マイホーム・ラボへお気軽にお問い合わせくださいね。

琥珀・・・たそがれてる